マスクをかける女性
せきが出る女性

花粉症季節性アレルギーとも言われます。季節性アレルギーである花粉症の場合、花粉がアレルゲンとなっているため、花粉に対して過剰に反応し、ヒスタミンが受容体と結合したり放出したりするのを抑えなくてはなりません。ヒスタミンが受容体と結合し、放出しないためには、抗ヒスタミン薬の使用が必要になります。

抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代があります。第一世代はジフェンヒドラミン塩酸塩やクレマスチンフマル酸塩などがあり、効果がすぐにでて鼻水やくしゃみ、痒みといった症状を抑える効果があるが、その分副作用があり、眠気が起こることがあります。

第二世代はフェキソフェナジン塩酸塩やセチリジン塩酸塩などがあり、ゆるやかに効果が出てくる分、副作用も少ないというタイプです。季節性アレルギーに関しては第二世代の抗ヒスタミン薬を使用することが多く、抗ヒスタミン薬を使用して予防的な治療である初期療法が行われます。第二世代には、ヒスタミン受容体をブロックし、分泌を抑える受容体拮抗作用と、肥満細胞からヒスタミンが放出されないようにする遊離抑制作用が両方含まれているもの、片方だけのものとがあるのも特徴となっています。

第一世代抗ヒスタミン薬が副作用を感じやすくなるのは、薬の成分の中に抗コリン作用が強かったり、中枢神経に移行しやすく眠気を生じさせたりするためです。抗コリン作用が強くなると、鼻水が抑制されその分痰が出しにくくなったり、口の渇きや眼圧が上昇したりもします。そのため緑内障の方が使用することはできません。

そして第二世代抗ヒスタミン薬も全く副作用がないわけではありません。第二世代の中でも効果が強く副作用もでやすいもの、効果は薄い分副作用もないものなど多数です。花粉症は症状の重さに個人差があり、しかも毎年同じ症状であっても今年は軽い、など自分の症状の出方も年によって異なることがあります。たいていの場合、前年に服用した抗ヒスタミン薬を使用しますが、効果が十分に発揮できないこともあり、そういった時には薬の変更を考える必要がでてきます。

花粉症の場合、鼻水やくしゃみ、目の渇きといった花粉症特有の症状が出る前から抗ヒスタミン薬を使用した治療が認められています。初期療法で使用されえるのは第二世代抗ヒスタミン薬で、花粉症の症状が出る期間を短くしたり、出るであろう症状を軽減したり、最も花粉が多く飛散する最盛期に使用する薬の量を減らしたりといったことを目的として行われます。

初期療法は花粉が飛び2週間前から治療を開始するのが良いのですが、より効果を高めるには個人差があるので、どの症状が一番強いのかなどを正確に医師に伝える必要があります。そして花粉が飛ぶ前から服用を開始するため症状はまだ出ていません。ですが、症状が出る前から服用する治療法であるので、抗ヒスタミン薬をきちんと服用すること、そして市販薬である点鼻薬などを一緒に併用しないといったことが大切になります。

ヒスタミンは脳内において覚醒維持として作用しています。そのためヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬を服用するとどうしても眠気という副作用は出やすくなります。第二世代の中には、眠気がほぼない薬もあるので、眠気を感じたくないという場合は、そういった種類のものを服用すると良いでしょう。

花粉症は症状の現れ方や重さに個人差があります。体質にもよりもますが、服用してから薬の効果がピークに達するまでに1週間から2週間はかかりますので、花粉が飛散をする前からの服用が必要になってきます。花粉情報に気を配り、少しでも感じるようになったら服用を開始するようにします。